自転車保険に入っておけば安心|万が一のことを考えて加入しよう

安さなら通販型

相談

自動車保険には店舗型と通販型がありますが、通販型の方が安価での契約が可能です。通販型では手続等がインターネットを通じて行うことがほとんどなので、様々な注意点があります。契約する場合には、資料を良く読むとともに、インターネット上の口コミを参考にすることをおすすめします。

Read More..

目標や目的に合わせて

女の人

その人の目標や目的に合わせて、最善の資産の管理や設計の提案を行っていくのがファイナンシャルプランナーの仕事になります。正確な情報を依頼者に提供することも、ファイナンシャルプランナーには必要になってきます。

Read More..

自転車に乗る人の保険

考える人

自転車専用の保険ですか

巷でよく聞く「自転車保険」ですが、実は自転車に乗る人専用の保険というものないのです。自転車保険と言われるものの内容は、一般的に「障害補償」と「個人賠償責任補償」です。前者は自分が怪我した時の保険で、後者は相手に与えた怪我や損害を補償する保険です。そしてこれらは自転車が原因の事故だけを補償するものではないのです。自転車を含む交通乗用具、つまり乗り物全般ということになるのです。自転車に特化した保険ではなく、自転車にも適応できる乗り物保険といったものを自転車保険と呼んでいるわけです。以前は自転車専用保険といったものもあったようですが、ビジネスとして成立し難かったためこのような形の保険になったようです。

保険に入る前の注意点

そして、この自転車保険を契約しようとした際に注意すべき点があります。実は自転車保険に含まれる内容は、一般的な自動車保険や火災保険などに特約やオプションとして含まれていることがあります。なので契約前にこれらの保障がすでに受けられる状態かどうか確認しておくことをおすすめします。またそういう特約に入ってなかったとしてもそちらで追加した方が、単独で自転車保険に入るより保険料が安い場合もあります。今は自転車の購入時などに保険を進められることが多いと思いますが、多重の契約にならないよう事前にチェックしておくと良いでしょう。単独で契約するにしろ、自動車保険や火災保険に追加するにしろ、いつ何が起こるかわかりませんので保険には入っておくようにしましょう。

関連リンク

  • ちゃりぽ

    自転車保険に加入を検討しているならサイトをご確認ください。こちらで、気になる料金プランが紹介されているのでお勧めです。
  • e 海外旅行保険

    気軽に問い合わせを行なうことができるので、海外の保険の情報が知りたいならサイトを確かめてみませんか?

加入する時の方法

男性

海外旅行保険は代理店を通して加入する方法と、インターネットを経由して加入する方法の2つがあります。加入するときに目的を必ず通知する必要があります。これは渡航期間に応じて補償内容を変える必要があるからです。

Read More..